読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なっちゃんのドタバタ奮闘記

当店のフロアスタッフ、山田なつみが無事に免許取得し、悪戦苦闘しながらも一人前のハーレーライダーになるべく奮闘している、汗と涙と笑いの日記です(笑)

夜間教習!

初の夜間教習に行ってきました!

そして、またまた筋肉痛に…(-_-)

教習が始まってバイクを出す時に、普段は車庫の目の前に出すんですが、その時は、車庫から20m先に集まるという指示で、たった20mのその間に筋肉痛になりました。

2日目でも重い物を持つと腕がプルプル震えてしんどいです!! 笑

 

 

教習内容は、

・回避

・早い速度でカーブを曲がる(25・30・35km/h)

回避という教習が二輪専用時間でないとできないので、できれば明るい時間に終わらせたかったんですが、残念ながら19時からに…(._.)

まずは、6人で回避へ。

みんな男性ばっかりで不安でしたが、やっぱり…(._.)

直線で30km/hを出したまま、教官がパッと点けた信号の色で右か左を判断して横にそれて、コーンとラインの狭い間を通過するということでした。(文章で説明は難しいですね…)

ラインより内側はトラックだと思って回避してくださいと言われましたが、私はパッと色が点いた瞬間に「左!!」って判断はできたんですが、真ん中よりちょっと左に寄っただけで通過。笑

ラインの内側を通過したので、結果的にはちゃんと回避はできなかったんですが、

教官は「人が物事を判断するのに約1秒かかり、その間にもバイクは進んでいるので、瞬時に判断ができずにラインの内側を走ってしまった人はトラックにぶつかっていることになる。事故を防ぐためには、車間距離を取ること。」

ということを教える為の教習だったみたいなので、回避は1回で終了。

 

その後、カーブを早い速度で曲がるというのも、25km/hはなんとかできましたが、30・35km/hは反対車線には飛び出さなかったものの、大きくふくらんでしまい、あまり良いとは言えず終わりました…(>_<)

 

あとは、次の教習でする急制動の内容を聞いて怖くなって、この日の教習は終わりました…。笑

このままいくと、急制動は晴れ、みきわめはくもり、卒検が雨。

雨女を呪うところですが、その前にみきわめが通らなければ卒検も受けれないので、とりあえず火曜・水曜と頑張ってきます!!

なんかあっという間だわ~!笑